道志橋写真01

先日、ツアー企画の関係で相模原市内を一日かけて巡りました。

さて、まずお題を1つ。

ブログタイトルと共に添えている写真の橋はなんという橋でしょうか?どこから撮影しているかも含めて分かった方はなかなかの相模原通です(笑

相模原市は現在、政令指定都市であり人口が約72万人ですが、戦争が終わって10年程経過した昭和30年(1955年)頃は約17万人でした。

人口と世帯数(相模原市)
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/toukei/20998/index.html

約60年程の間に約4倍(55万人)も人口が増加したことになります。ちなみに相模原市は、昭和12年に陸軍士官学校が移転してくるまでは桑畑や雑木林などしかない広大な荒野でしたが、軍都計画により急速に開発が進み、昭和29年に2町6村が合併して市が誕生しました。わずか6,70年の間に荒野から政令指定都市という変化は尋常ではなく、また意外と知られていない相模原の黒歴史があります。(相模原の黒歴史は別の機会に記事化したいと思います。)

さて、そんな昔の様子を頭にインプットしながら市内各所をまわりどのように変わったのかを確認してきました。

2016-10-31-10-40-53
写真撮影:2016.10.31 Photography Tsutomu Teramoto

こちらは相模原駅のペデストリアンデッキから相模原補給廠を眺めた写真です。米軍より変換される予定の区域になります。

相模原補給廠一部返還等(相模原市)
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/area/koikikoryu/citydev/19.html

淵野辺北口写真
写真撮影:2016.10.31 Photography Tsutomu Teramoto

こちらは淵野辺駅北口の通りになります。淵野辺駅は横濱鉄道会社により明治41年(1908)9月23日に横浜線の開通とともに開設され、当初は、東神奈川・小机・中山・長津田・原町田・淵野辺・橋本・相原・八王子の9駅で開業していました。この当時はまだ単線でした。その後、軍事物資の輸送のために軍事施設への分岐線路が作られたのち矢部駅が誕生するなど、軍事色の濃い歴史があります。(ちょっと黒歴史部分)

 

相武台団地写真01
写真撮影:2016.10.31 Photography Tsutomu Teramoto

こちらは相武台団地です。相模原市では、1965年(昭和40年)からの10年間で約20万人にもおよぶ人口増加がありました。そのため団地や学校などの施設をたくさん建設しています。あまりの急激な変化に追いつかず、1975年(昭和50年)に相模原市財政白書〜副題「こども急増びんぼうはくしょ」が発行され話題になりました。

CiNii 図書 – 相模原市財政白書 : 人口急増問題特集 : こども急増びんぼうはくしょ
http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA64629692

相武台団地写真02
写真撮影:2016.10.31 Photography Tsutomu Teramoto

この当時の団地は住棟間隔比を日照を考慮して計画し、豊富な緑も計画されていました。また、大規模団地では商店街も合わせて計画され大変良好な住環境が形成されていました。最近、団地再生がトレンドですが、このような良好な外部環境を活かした計画が盛んに進められています。

津久井湖ダム写真01
写真撮影:2016.10.31 Photography Tsutomu Teramoto

こちらは津久井湖です。相模原市は神奈川県の水瓶として多くの人造湖があります。大きいところでは津久井湖の他に相模湖や宮ヶ瀬湖にも面しています。人造湖ですのであわせてダムが数多くあります。また、相模川や境川などの河川も有しているため多くの橋が架けられています。

最近はインフラツーリズムが話題になってきていますが、相模原は近場ですぐに足をのばせる好立地にあります。

インフラツーリズムが人気!インフラ観光スポット巡りの旅にでよう!(ZIGZAGストリート)
http://zigzagstreet.com/infra

インフラツーリズム(国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/region/infratourism/

近場で「インフラツーリズム」ダム・橋 集客呼び水に(日経新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83936760U5A300C1000000/

このようなかんじで市内各所をまわって現地を確認し、ツアー企画の準備をしています。ツアーの際には参加者に調査票をお配りして景観資源調査を兼ねて行う予定です。また、本記事ではツアー催行の関係で昔の写真はあえて掲載していません。ツアーの終了後に調査票や昔の写真も含めてレポートをまとめたあとに改めて記事化する予定です。

景観資源やまちのさまざまな歴史を、建築や土木の専門的な切り口も加えて、プロデュース&コーディネートするお仕事の機会がだんだんと増えています。地域を知るほどにその場所の資産や大事なものを再発見することができるので、このような企画は単なるイベントとしてだけでない効果を期待できるのではないかと回数を重ねるごとに感じています。

地域の活動などされているみなさま、このような一石二鳥の企画にご興味がありましたらどうぞお声かけください。内容により費用のかかるものもあるかと思いますが、まずは有償無償いずれもご相談ください。特に地元の美味しい食べ物には釣られて参上します^^

関連リンク
「TERRAデザインでできること」
http://terradesign.co.jp/terraデザインでできること/

お問い合わせは下記フォームをご利用ください。

 最近お会いする方から「仕事はなにやっているの?」と聞かれることが度々ありました。

 内容としては、いろいろやっているうちに手が広がってきているためどんなことまでできるのか聞かれることが増えたという感じなのですが、なかなか一言で伝えるのが難しいのでこの期に概要版として一度記事化してみようと思います。(概要版といいながらかなり長文なので目次つけました。)

 

Sa-House

建築でできること

 建築といっても幅が広い分野です。大きくは調査企画・設計・監理に分類され、各ジャンル毎に必要となる専門性が異なってきます。また、取得している資格によって設計できる制限範囲が異なりますが、弊社は一級建築士事務所になりますので法令の定めにおいては制限なく設計ができます。とはいえ、扱っている主な分野がありますのでご紹介していきます。

 弊社では調査企画設計監理の全般にわたって業務活動としています。構造は木造鉄骨造RC造いずれも扱っているほか、ハイブリッドとなる混構造も計画の必要性に応じてご提案できます。

 意匠設計事務所ですので、構造や設備は基本方針を策定の上、構造設計事務所や設備設計事務所へ分離発注しています。ただし、軸組工法やツーバイフォー工法による木造住宅においては、基本的に構造計算や設備設計も社内で実施しています。

 得意のジャンルとしては次の用途になります。

住宅

 戸建て住宅集合住宅店舗併用住宅等の複合用途など住宅系は一番多く携わってきている分野になります。住宅系企業における実績も含めれば500棟以上設計してきました。

 

pain-de-grandir08

pain-de-grandir08

店舗・病院

 店舗動物病院においては企画や販促も含めたプロデュースができ、建築設計だけでなく消防や保健所等の各種手続きについても基本的なものについては対応しています。店舗は雑貨などの一般的な物品販売店舗のほか、パン屋などの食品販売や喫茶店などの飲食店のご提案ができます。
 また、ショップカードチラシロゴなどの印刷物系のDTPデザインWEBサイト制作等もできますので、コンセプトや店舗イメージに基づいてトータルデザイン提案ができます。

旅館・宿泊施設

 このジャンルは出会う機会が少なかったのですがここ最近いくつか声がかかり、現在サウナ施設を含む宿泊施設計画に関わっているほか、ログハウスを中心とした旅館の改修計画に取組中です。特に旅館の改修計画においては、既存不適格の状態を適法にして都市計画法や建築基準法などにおける関係機関との協議や諸手続きも含めた内容となっています。

高齢者・児童福祉施設

 グループホームなどの高齢者施設、また、保育園幼稚園の計画・設計ができます。新築だけでなく増改築にも取り組んだ実績があり、その際には増改築を繰り返した保育所を既存不適格部分の適法化をした上で増築設計をし、建築確認や消防の届け出などの関係諸手続きもあわせて協議・申請業務の対応をしました。

企画型賃貸・シェアハウス

 一時期はデザイナーズ賃貸住宅が多くありましたが、現在はいろいろな企画を取り入れるスタイルが増えていきています。自家菜園のできる戸建て賃貸住宅やシェアハウスなどの提案をする機会が増えつつあります。
 これらの企画型では、計画・設計だけでなく企画運用からトータルにプロデュースしています。現在はオーナー住居併用シェアハウスを代表を務めている感共建築ラボにて企画プロデュースしており、平成29年1月から入居開始予定で現在工事中です。

感共建築ラボ公式サイトは下記リンク先をご覧ください。

http://kankyo-labo.jp/

感共建築ラボのシェアハウスは下記リンク先をご覧ください。

http://sharedhouse.net

改修・用途変更

 いわゆるリフォームリノベーションコンバージョンといった既存建物の修繕や利活用提案の取り扱いが増えてきています。木造住宅では木造耐震診断および設計も含めて住宅・非住宅の利活用提案設計をしています。非住宅においては、検査済み証未取得のRC造の建物を倉庫・事務所から共同住宅へのコンバージョン設計と用途変更の確認申請業務を実施するなど、ケースバイケースの個別対応をしています。


建築実績は下記リンク先ページもご覧ください。個人情報などの観点より掲載は一部の実績となっています。詳細はお問い合わせください。

建築作品

 

ショップカード表(パン ド グランディール様)

印刷デザインでできること

チラシやパンフレットなどのデザインには理論や法則があります
目的や期待する効果をきちんと整理した上で、デザインの目標を定めた後、全体のイメージを文字タイプ・サイズ、枠組み、画像イラスト配置等と共に構成していきます。

ポスター

 イベントや展示会などで使用されるA0やB0などの大型ポスターから、一般的なパネル展示でよく使用されるA1、A2、B1などのサイズなど各種のサイズに対して認識しやすく読みやすいデザインをご提供しています。

チラシ・フライ

 ターゲット層や期待したい効果をヒアリングして訴求力の高い効果的なデザインとコンテンツをご提案しています。

カタログ

 パンフレットはチラシよりもより情報量の多い販促ツールです。説明をしたいターゲット層を想定して、どのような状況で誰が使うのか(営業・技術者・販売店設置など)をヒアリングして使うひとにあわせたユーザーライクなカタログデザインをしています。
サイズとしてはA4/4P(用紙1枚)タイプや、A4の中とじ(小冊子)などの数ページ数のものまで様々な仕様でデザイン制作しています。

ショップカード・名刺

 ショップイメージを一目で伝えるデザインや、相手への印象づけを狙った名刺など目的に合わせたデザインをご提案しています。

ロゴ・タイポグラフィー

 他の店舗などとの差別化や、商標登録などにおいて制作されることの多いロゴやタイポグラフィーを、どのような目的や効果を狙いたいかを整理しながらオリジナルデザインをご提案しています。


DTP(印刷データ)実績は下記リンク先ページもご覧ください。社外秘情報などの観点より掲載は一部の実績となっています。詳細はお問い合わせください。

DTP(印刷データ)実例

動物病院(マリアペットクリニック様)wordpressへ移行

WEBデザインでできること

 Webサイトなどについては、建築設計をしているなかでビジネス系の建物の計画を進めていく中で、ショップカードやチラシ、Webサイトなどもデザインやコンセプトを統一していきたいという声があり、「では作りましょう」ということで取り組んでいるうちにいつの間にか事業の柱の1つになってきているという状況です。
 どんな目的でサイトを立ち上げるのか、どんな人にみてもらいたいのかなどWebサイトの基礎部分を整理して構築していますが、長く建築分野でヒアリングノウハウを蓄積している建築設計事務所であるからこそ、これまでのWEBの世界での要求を満たす提案とはひと味ちがう質の高いご提案を提供しています。

プロデュース・ディレクション

 Webサイトを作る際には、何のために、どんな人に見てもらいたいかなど目標を明確にしておく必要があります。ターゲット層に対して有効なデザインと見て欲しいコンテンツをセットしていくためのコンサルティングやプロデュース・ディレクションができます。

 また、自社でサイト製作や運用をしたい顧客向けにカウンセリングやセミナー・勉強会など出張講座の開催も取り扱っています。共に歩むコンサルティングにより効果的な事業展開をお手伝いしています。

サイトデザイン・制作

 建築設計のスキルとノウハウはWEBデザインにも活かして、他のWEB制作会社とは違った角度から、目的にフィットし、さらに感性豊かな表現で他とはひと味違うWEBサイトデザインをご提案制作できます。

CMSの活用

 以前はAdobe Dreamweaver、ホームページビルダー、BindなどWebサイト制作用のアプリを利用したサイト制作をが中心でした。これはWebサイト運用側で扱っているアプリに対応するようにしていたためでもありましたが、CMSの登場とともに徐々に使用頻度が減ってきています。(コードのカスタマイズや一部のコーディングなどでは使用しています。)

現在では誰でも簡単に記事更新できるサイトのご要望が多くなり、CMSを中心としたサイト制作となってきています。
CMSの種類としては2010年くらいまでは世界シェアNo1であったJoomla!を主に利用していました。プラグインなど機能が豊富であったのですが、すべて英語であったため管理画面の扱いなどでフラストレーションがあり、日本でのシェアはあまりのびませんでした。そこで、その後のシェアも伸びてきて日本語対応もしっかりしているWordPressをメインのCMSとしてサイト構築をおこなっています。

※コーディング:XHTMLやHTMLのマークアップ言語を利用して、デザインをWebぺージへ変換する作業のこと。
※CMS:コンテンツマネジメントシステム

保守・メンテナンス

 多くの企業でHPは専任ではなく兼任という状況が多く見られます。日々の業務に追われ、ホームページに時間や労力をさくのはなかなか大変ですし負担も大きいため、保守管理のご依頼が多くなっています。年間契約にてデータのバックアップや記事更新などのほか、ページ内容改善のコンサルティングなども取り扱いが増えています。


WEB実績は下記リンク先ページもご覧ください。社外秘情報などの観点より掲載は一部の実績となっています。詳細はお問い合わせください。

WEB実例

 

2016-01-13 16.31.28

まちづくり・エリアマネジメント

 まちづくりの分野は、幅広い活動と運用のできる体制が必要となることが多いため基本的には団体活動にてアクションを進めています。ひとつは建築士法に法定団体として定められている一般社団法人神奈川県建築士事務所協会になります。ここでは、景観・まちづくり専門委員会にて委員長を務め、各自治体のエリアにて景観資源調査の実施や提案の提示などを積極的に進めています。もうひとつは日本型HOA推進協議会にてすまい・コミュニティマネージャー育成講座の運用やエリアマネジメント各種の活動に取組んでいます。

神奈川県建築士事務所協会景観・まちづくり専門委員会については下記リンク先をご覧下さい。
http://www.j-kana.or.jp/kmachi/

日本型HOA推進協議会については下記リンク先をご覧下さい。
http://j-hoa.net/

 

住宅地のエリアマネジメント

 住宅地の計画設計・管理のコーディネートエリアマネジメントを取り扱っています。住宅地では新しい分譲地の区画設計から各住棟の設計を通風や緑地、互いの視線や歩車動線などさまざまな視点から検討して居心地の良い住環境を実現する計画を提案しています。そして、作りっぱなしではなく良質な住環境が維持保全できるような仕組みづくりも提案し、住民主体の自治管理ができるように管理組織設立支援コーディネート業務もお引き受けしています。

空き家の利活用

 神奈川県の現在の空き家率は11%強となっており、特に自治体関係者の方との会話の中で空き家の話題が増えつつあります。
空き家やこれに関わる活動としては、神奈川県への「空き家の利活用など住宅地のエリアマネジメントによる地域の魅力の向上・創出」の協働事業提案や、相模原市への「空家を活かしたしくみと暮らしやすいまちづくり事業」の協働事業提案などの空き家の利活用企画提案書作成や、連携できる事業やイベントなどを自治体や関連団体と共に協働活動をしています。

商業のエリアマネジメント

 商店街や旧道などの地域資源発掘(調査・分析)と利活用提案や事業プロデュースができます。

 

2015-08-20 19.18.20

執筆・講師・提案作成など

 現在は、明海大学不動産学部にて非常勤講師をしています。ここでは国家資格である建築士を取得するのに必要な教養知識をベースとしたカリキュラムで指導をしています。また、資格取得向け予備校の一級建築士資格取得講座にて非常勤講師をしています。建築計画・環境設備・設計製図をレクチャーできます。建築計画のなかでも建築史・建築作品の実例についてはブログ執筆もしています。

 建築関係の執筆も時折依頼があり、業界団体誌や専門雑誌等への記事を執筆しています。上記の分野のほか、まちづくりやエリアマネジメントについても経験と知見の範囲で執筆ができます。

 建物単体の建築設計だけでなく、事業も含めた幅広い事業構想からのご提案や企画書・調査&レポートが実施作成できます。現在は複数の自治体や団体等とともにha(ヘクタール)単位の用地の土地利用計画などの構想立案を進めています。

※ha(ヘクタール):1ha=100m×100m(1万平方メートル)

 

terra%e3%83%ad%e3%82%b42015

まとめ

 目次を作った都合でまとめ見出しをつけてしまいましたが、このようなかんじでいろいろ幅広く活動展開をしています。ざっくりと書いたので後ほど追記補足などをするようにし、詳細はまた各項目ごとに固定ページでお伝えするようにしていきたいと思います。ご相談やご依頼などございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは下記フォームをご利用ください。

お問い合わせ